あの日、あのころ。

 前回「好みを口に出す以前にキレイ」といった言いまわしが口からこぼれました。 書体がらみの話だったと思います。 なぜ好みとキレイとを縦割り表現してしまうのかと言われれば、「キレイじゃない(≒揃ってくれない)けど好きな書体」があるからに他なりません。

 平成だかなんだかわかんなかった頃、それこそ「オギャーと、ドコモ。」の時代です。 郊外を走る市電の中で、一枚の中吊りが筆者の心をうちました。

 図柄も内容もとっくに忘れました。 でも「ふだん見てる明朝体?より水っぽい感じ」だけが、あたまの中へ引っかかりと波紋を作っていきました。 後にリュウミンとして、くる日もくる日も四六時中見せられるはめになった字です。 しかしこの頃は石井だの本蘭だのが現役だった時代。 おなじ明朝を使った例にお目にかかれる機会はとても少なく、筆者は「ふつうの印刷物とは違った由来の字かもしれない」と思い..ワープロ専用機のカタログをめくってみましたが見つかりません。 出力例はもちろん、展開される売り文句そのものにさえ..'その明朝体'が使われていないのです。

 ..あれはなんだったのか。 ひとつの答えはワープロじゃなく、パソコン売場で見つかりました。 困ったことに植字マシンやMacintoshじゃなく、PC-PR602PS(LEDアレイプリンタ?)の印字サンプルで..

 かくして。

 名前のよくわからない書体は、あゆぽっぽの中で「602PSの字」として魅惑系ノイズを発し続けることになりました。 後継機PC-PR3000PSのカタログも取り寄せましたが、『その字』は消えうせていて見当たりません。 このあと筆者が、EPSONレーザーのカタログにて「リュウミン」なる名称を知るのは数年後になります。

 リュウミンを知ることができたのも、リュウミンを買うことができたのも自分的には幸せです。 ところがこのリュウミン、何となく組んで違和感なく揃うかと言われれば不安感を拭えません。 石井風の水っぽさは表現できても、石井クォリティの確保はできなかった?のでしょう。 游明朝を即席ワープロ組みする方が、よっっっぽどガタツキは少ないです..

 と、いうわけで。

 揃い感or読みやすさだけを重視するなら、リュウミンを手に取ることをためらう現場職人さんもいらっしゃると思います。 KSを使えば話が変わるのかな?と思いきや、どうも小がなは大がなを小さめにデザインした「だけ」みたいで..横で組んだときの不揃い感が吹き飛ぶわけではありません(KLもKSも縦書き志向じゃないか説)。 その点を踏まえると、リュウミンは「揃わないかもだけど文脈に合う」「揃わないかもだけど好き」な時のみ出番があることになります..

 誰もが知ってるヒラギノ明朝はみずみずしさを放りなげて古めかしさを全身にまとったデザインセンスで、あれが「水のような空気のような」などと聞いてあきれるばっかです。 しかしその一方、揃いはよいので紙面づくりが仕事な方には大歓迎なのではないでしょうか。 一方游明朝は「歴史小説に合う」といった説明文が添えられることもありますが、ヒラギノが持つカスレ感を感じないため筆者としては困ったとき(→リュウミンが合わないとき)の決定打になってくれそうです..

 揃わないって意味ではキレイじゃないけど、、揃わない予感がするけど、好きな書体。
 筆者はデザイン業にも紙面制作業にも接点がなく、このため書体を手に取る際の顧客は(ほぼ)100%あゆぽっぽ自身です。 だから欠点をかかえていること1000%承知でリュウミンをマジLOVEできるのでした。

 ..さいきん買ったもの。 イワタ新ゴシック体L/M。。。

すみだのおおかみ

 古くても色あせない、無敵のNTLGをぶら下げて墨田区に君臨?するtype-labo。 スカイツリーのある世界の一角より、書体orデザイナーの辿るべき運命を静かに見つめるタイプラボ。 現在は小口でも大口でも気軽に買えるよう?、ネット通販代行業さん経由で製品を売っておられます。

 筆者がルイカ12345と、NTLGv2ルイカ12345を買ったときの価格は税抜2,080円/ウェイト。 ルイカは総合書体(※かなカナ漢字記号英数全部入り)なので、複数ウェイトの詰め合わせとはいえ真顔で破格級でした。 その後type-laboによれば値上げしていたとのことですが、それでもウェイト3.2kだったはずなので.. まぁ「SELECT PACK PLUS」くらいのウェイト単価になります。 両肩をすくめるくらいのハイC/Pでありました。

 ありました。

 ところが最近、同社が提携していた販売会社で不祥事があったとの知らせ。 これに伴い、タイプラボ製品もpixiv系(!)販売サイトへ引っ越すこととなりました。 予想できない展開じゃありません。 しかし異様なデザイン力とサバイバル力を併せ持つ、yutanpon工房の採った行動は一味違いました..

 ..「ふたたび値下げします。 こんどはウェイト2,000円です」
 ......!!???

 まさかのタイミングで、ウェイト2k級へ戻すというのです。 なにもかも高い[目に見えないコストだって高い]ご時世、type-laboは静かに『高くしない』方へスティックを倒しました。 ルイカと双璧をなすべき?丸ゴシックもデザイン中の身、決して「寝てればお金が入る」立場じゃないはず(※日本語書体は大まじめに作ると無限のコストが..)なのでコレは英断と言えるでしょう。

 佐藤さんの作品はなんというか..好みうんたんを口に出すより前にキレイだと思うのです。 キレイな割に価格はリーズナブル、一方本人のソーシャルアカウントからはユーザをあからさまに疑うような発言が突然飛び出したりします。 「高価だけど静かに構えている」大手とは全く違うこのアプローチ、大手の傘に呑まれてしまわない生き方を常に模索してきた個人事務所ならでは?のフットワークなのでしょうね.. 結果として呑まれずにpixivデビュー(違)へこぎつけました!

 筆者はプライベートな知り合いじゃないですが、必ずしも佐藤さんと波長がきっちり合うタイプではないだろうと一人で勝手に考えます。 しかし売られている書体の強烈な美的創作性(※)を考えると、生まれ出たタイプフェイスは作者がお亡くなりになろうと、作者の存在を意識しない人が手に取ろうと、鈍くてまばゆい光を放ち続けるでしょう。 あゆぽっぽはそんな考えなので、同社の書体は作者の諸元に関わらずリスペクトします。

 ルイカ6とか、持ってないウェイトに課金する日がやってきたのかもしれません。 新作の丸ゴシックとやらも、かなカナのデザインが見えてきたら考えたいと思います..

 

 (※)極東島国の法曹によれば、書体に美的創作性はないんですってね。ぁ~ぁ

The Witcher 3

 Aerondightは入手タイミングにかかわらず、装備可能Lv.の下限が35に設定されています。プレーヤーLvが35に満たない場合、すこしだけ待ってあげなければなりません。

 それじゃ純粋なNGを始めて、Aerondightを入手できるレベル下限はどれくらいなのでしょうか。 BnWへの入口はDandelionを助けてしまえば開くので、Toussaintへ迷いこむのは難しくありません。 BnW開幕直後のボスっぽい巨人は、瞳を弓で射とめれば一発らしいので抜けられるものとします。

 ..泉の精からAerondightを受けとるには、仙人のようなおじいさん?(の姿をした精霊)と戦わなければなりません。 おじいさん(Hermit)と戦うには、なにやらあちこちのクエストで十分な良心にもとづいた状況判断の実績が必要らしく、これらをLv.35未満で抜けたとしてもHermit本体が強めに設定されています。 mutationを解放できていれば、CatEyeを使って弓あられにできなくはなさそうですが.. mutation研究所ってLvいくつあればたどりつけるのやら。。。

The Witcher 3

 ちょっとした経験則ネタ。

 このゲームの装備品には、(NG+でなくとも)ステータスがプレーヤーLvに引きずられるものが多くあります。 blacksmithに作ってもらう個体は固定ステータスのようですが、もらえるor拾える装備をコンソールから何度も出してみたらこんなことになりました:

  • GeraltOfRivia'sSword → 装備可能レベルはプレーヤーLv, ステータスもプレーヤーLv依存
  • Harpy → 装備可能レベルはプレーヤーLvより低い(pLv-5?), ステータスはプレーヤーLv依存
  • Aerondight → 装備可能レベル/ステータスもプレーヤーLv依存、ただし下限値は35

 ▲Geraltソードはcommon武器に近く、Harpyは装備可能Lvのみ甘めにスライドされるようです。 Aerondightは装備条件がLv.35未満にはならず、シナリオ序盤からコレをかついで走り回るにはNG+必須なのでしょう。

The Witcher 3

 あゆぽっぽは極端なくらいSyannaびいきです。 国と血縁から距離を置かれまくったSyannaが、再会したばっかのAnnaに国や血縁の事情を説かれるのはかわいそうすぎです。 そう思います。

 ..が、それはあゆぽっぽの'version of story'。 自分と同じようにBnWを遊び、同じ結末へ向かった人はなにを感じるのか。 BnWは「血塗られた美酒」だそうなので、「美酒 アンナ」でご都合サーチしてみます。 なおTW3の和訳は『悪くない』との評価らしいことから、日本語専の人に間違ったシナリオが伝わっている可能性はゼロだとしておきます。

 ...
 ......
 ............


 最初に見つかったプレイ日記の主さんは、筆者同様Anna/Syannaが二人とも倒れてしまうルートを歩いておられます。 シナリオ中途で死んでしまうDettlaffに寄り添う感情をお持ちらしく、「それがあるのでSyannaには厳しくいくしかない」といった下りも見られます。 なお牢でのSyannaとの面会シーンで適切なフラグを立てれば二人とも助かるのですが、やはりこの場合もDettlaffの後ろ髪感?は強いとのこと。

 どうやら次にBnWを試すときには、Regis/Dettlaffの話やバックグラウンドを掘りさげる必要がありそうです。 いま遊んでる1.5周め(新しいSkellige王さえ決まってない..)で、もうちょいレベル上げたらがんばります! ぁぁまたもや放置モードにされるHoS......

iPadMini2019

 ようやく出ました。 単純に3年ぶり?的な意味でも「ようやく」なのですが、mini勢にとってはもう一つマイナーな『ようやく』を手にすることになります。

 RetinaiPadは実解像度的に「2048×1536」から始まりました。 かのiPad3rd('TheNew')が出てきたとき、4倍へふくれあがった生ピクセル数を支えるため..メモリバンドは2倍になりました。 ぃぇ2倍にしかならなかった(否4倍)のですが、当時は2倍でも相当ぜいたくな物量投入作戦だったそうです。 某ゴトウさんでさえ驚いたと聞きます。

 ..2倍が望みうる現実解だったとすれば、次なるステップとして「4倍(さらに倍)」になれば格段に不安が減ります。 これはA8世代で一応やってきました。 一応です。 なぜならAir2でしかそうならなかったからです。

 AppleA8系統のデバイスとしては、iPadAir2/mini4(3,145,728px)・iPhone6Plus(2,742,336px)あたりが処理ピクセル数としては大きな方だと思います。 しかし6Plus/mini4は「メモリバンド4倍化」を見送り、従来どおりの2倍へとどまりました。 この意味でAir2とmini4には落差があり、見た目の大きさ以外そっくりだったAir-mini2のような関係性と少しちがっているようです。

 A9では基本「全て4倍(※一部8倍)」になりました。 iPhone勢として4倍化は初となりますが、SE/6s/6sP全てに高いメモリバンドが与えられている事実は見逃せません。 ここを重くみて6sPlusを発注したあゆぽっぽ的に、A9系miniが出なかった事実は極めて大きいものでした。

 ...
 ......
 ............

 音沙汰なかった8inches系に、とつぜんやってきたA12。 計算上のバンド幅がいくつかは調べていませんが、少なくともA9より低いことはないでしょう。 考えることが毎年ころころ変わるちっくなTim陣営から出てきた、風変わりでサプライズな一品ですねw